gusuku Customine活用テクニック

今すぐ使えるカスタマイズ例

在庫引当

在庫を持つアプリと、その製品をルックアップしているアプリ(案件管理)の2つが存在する状態で、案件管理アプリに個数を入力したら在庫を持つアプリ側の在庫を減らします。

すぐ使ってみる
ルックアップ自動更新

製品マスタのアプリで、商品の名前が変わったときにそれをルックアップしているレコードを更新できます。

すぐ使ってみる
項目表示の切り替え

アンケートなどを作る時に、回答内容によって選択肢の分岐が作れるようになります。

すぐ使ってみる
一括承認

一覧画面にチェックボックを入れて、選定されたレコードをまとめてプロセス変換が出来ます。

すぐ使ってみる
タブ表示

たくさんのフィールドを持つアプリにグループフィールドを作って、スマートなタブ表示ができます。

すぐ使ってみる
同時編集禁止

編集中のレコードにロックをかけることで、同じレコードを複数人で同時に編集してしまう事によって起きるこのエラーを回避できます。

すぐ使ってみる
電話受発信連動

Amazon Connectと連動し、kintoneアプリ上簡単に電話を発信、受信できるようになります。

すぐ使ってみる
かんたん代理承認

やることの「作業者を変更する」を活用して、APIトークン経由で作業者を自分自身に変更し、ステータスを変更するという方法で、代理承認を実現できます。

すぐ使ってみる
かんたん定型入力

別アプリと連携して複数のレコードを選択し、自動でテーブルへ追加できるようになります。

すぐ使ってみる

カスタマイズのチュートリアル、オープンフォーラムでのご質問、アップデート情報や公開中の実例など、様々な情報を「gusukuサポートサイト」にて公開中です。

gusuku サポートサイト
(Customine,Deploit共通)

「やること」一覧

Customineでできることの一覧です。Customineでは、これらの「やること」を組み合わせてお好みのカスタマイズを作成することができます。また、「やること」は、みなさんのお声を元に平均月2回のアップデートでどんどん追加されますので、「こんなことができれば!」というご希望があればぜひチャットサポートにお寄せください!

フィールド

  • フィールドを無効化する
  • フィールドを有効化する
  • フィールドやグループを非表示にする
  • フィールドやグループを表示する
  • フィールドに値をセットする
  • フィールド値をまとめてセットする
  • 文字列(複数行)フィールドに値をセットする
  • リッチエディターフィールドに値をセットする
  • フィールド値をクリアする
  • 指定以外のすべてのフィールド値をクリアする
  • フィールドの選択を追加する
  • フィールドの選択を解除する
  • フィールドの値を切り捨てる
  • フィールドの値を切り上げる
  • フィールドの値を四捨五入する
  • 半角から全角へ変換する
  • 全角から半角へ変換する
  • 大文字を小文字に変換する
  • 小文字を大文字に変換する
  • カタカナをひらがなに変換する
  • ひらがなをカタカナに変換する
  • 数値に変換する
  • 空白文字を除去する
  • フィールドの値の一部を文字列置換する
  • 正規表現を用いてフィールドの値を置換する
  • 年齢を計算する
  • 西暦を和暦に変換する
  • 郵便番号から住所を検索する
  • ルックアップを取得しなおす
  • 他アプリのルックアップを取得しなおす
  • ルックアップをクリアする
  • 他のアプリからフィールドの値をコピーする
  • 自動採番を行う
  • 添付ファイルをコピーする
  • 他レコードの添付ファイルをコピーする
  • 検索用文字列を作成する

レコード

  • 全レコードを取得する
  • キーを指定してレコードを取得する
  • クエリで条件を指定してレコードを取得する
  • 一覧で画面に表示されているレコードを取得する
  • 一覧の条件でレコードを全件取得する
  • 一覧で選択されたレコードを取得する
  • 関連レコード一覧の条件でレコードを取得する
  • フィールドの値が最大のレコードを取得する
  • フィールドの値が最小のレコードを取得する
  • 前の画面から渡されたレコードを取得する
  • レコードを追加する
  • レコードを更新する(キーの値をフィールドで指定)
  • レコードを更新する(キーの値を直接指定)
  • レコードをもとに別のレコードを更新する
  • レコードを更新または追加する(キーの値をフィールドで指定)
  • レコードを更新または追加する(キーの値を直接指定)
  • レコードをもとに別のレコードを更新または追加する
  • レコードを書き出す
  • テーブル行を別アプリのレコードへ書き出す
  • レコードを仕分けして別のアプリに登録する
  • 編集中のレコードデータを退避する
  • 編集中のレコードを退避していた内容に戻す
  • レコードから重複を除去する
  • レコードを並べ替える
  • 取得したレコードを絞り込む
  • レコードを再利用する
  • 複数のレコードに対して一度に自動採番を行う

その他のUI

  • 情報ダイアログを表示する
  • エラーダイアログを表示する
  • エラーダイアログを表示して保存をキャンセルする
  • 警告ダイアログを表示する
  • 確認ダイアログを表示する
  • 入力ダイアログを表示する
  • 日付入力ダイアログを表示する
  • レコードの一覧をポップアップで表示する
  • スペースに文字を表示する
  • メニュー位置に文字を表示する
  • ポータルに文字を表示する
  • スペース・メニュー・ポータル位置に表示した文字を変更する
  • レコードの一覧をスペースに表示する
  • グループを開く
  • グループを折りたたむ
  • 読み込み中画面を表示する
  • 読み込み中画面を終了する
  • フィールド文字色を変更する
  • フィールド背景色を変更する
  • フィールドの文字を拡大縮小する
  • フィールドの文字を太字にする
  • レコード背景色を変更する
  • フィールドの位置へスクロールする
  • 一番上にスクロールする
  • 一番下にスクロールする
  • フィールドに吹き出しを設定する
  • フィールドの吹き出し設定を削除する
  • 画面をリロードする
  • コメント・履歴欄を閉じる
  • レコード追加ボタンを隠す
  • レコード編集ボタンを隠す
  • レコード再利用ボタンを隠す
  • 詳細画面のレコード削除メニューを隠す
  • 詳細画面のレコード印刷メニューを隠す
  • アプリのアクションボタンを隠す
  • 一覧画面のレコード詳細表示アイコンを消す
  • 一覧画面の行削除アイコンを消す
  • 一覧画面の鉛筆アイコンを消す
  • 一覧画面の複数行文字列を折り返し表示にする
  • 一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する
  • 一覧画面にキーワードと数値の範囲で検索する検索フォームを設置する
  • 一覧画面に簡易検索フォームを設置する
  • 一覧から指定の選択肢を消す
  • 一覧から(すべて)の選択肢を消す
  • レコードからプルダウンを作成する
  • 年月選択フィールドを作成する
  • ルックアップの選択をプルダウンに変更する

エラーチェック

  • レコードにエラーをセットする
  • フィールドエラーを表示する
  • フィールドのエラーをクリアする
  • 必須チェックを行う
  • 複数フィールドのうち少なくとも1つを必須にする
  • 電話番号書式をチェックする
  • メールアドレス形式をチェックする
  • 正規表現でエラーチェックを行う
  • 数値の範囲をチェックする
  • 文字数をチェックする
  • 時刻が時間内に入っているかチェックする
  • テーブル内の時間範囲に重なりがないかチェックする
  • テーブル内の日付範囲に重なりがないかチェックする
  • フィールド値が全角でなければエラーにする
  • フィールド値が半角でなければエラーにする
  • フィールド値がひらがなでなければエラーにする
  • フィールド値が全角カタカナでなければエラーにする
  • 項目を2件以上選択していたらエラーにする

ボタン

  • ボタンをスペースに配置する
  • ボタンをメニュー位置に配置する
  • ボタンをポータルに配置する
  • ボタンを無効化する
  • ボタンを有効化する
  • 一覧にチェックボックス列を追加する
  • 一覧にラジオボタン列を追加する
  • タブグループを作成する
  • タブグループにタブを追加する
  • タブを選択する
  • タブを非表示にする
  • タブを再表示する

テーブル

  • テーブル行をレコードとして取得する
  • 他のレコード内のテーブルをレコードとして取得する
  • レコードをテーブルに書き出す
  • テーブルデータをセットしたレコードを追加する
  • テーブルに行を追加する
  • テーブルから行を削除する
  • テーブルから空の行を削除する
  • テーブルの行を並べ替える
  • テーブルの表示行を絞り込む
  • テーブル表示行の絞り込みを解除する
  • 行増減ボタンを左端に移動する
  • テーブルの行増減ボタンを非表示にする
  • テーブルに行コピーボタンを追加する
  • テーブルをスプレッド化する
  • テーブルの列に対して一度に自動採番を行う
  • テーブルの列に行番号をセットする

集計

  • テーブル中のフィールド平均値を計算する
  • テーブル中のフィールド合計値を計算する
  • テーブル中のフィールド最大値を計算する
  • テーブル中のフィールド最小値を計算する
  • テーブル行数をカウントする
  • テーブル中のフィールド選択数をカウントする
  • テーブル中のフィールド値を区切り文字で結合する
  • 条件に合うテーブル行のフィールド平均値を計算する
  • 条件に合うテーブル行のフィールド合計値を計算する
  • 条件に合うテーブル行のフィールド最大値を計算する
  • 条件に合うテーブル行のフィールド最小値を計算する
  • テーブル中の条件に合う行数をカウントする
  • 条件に合うテーブル行のフィールド選択数をカウントする
  • 条件に合うテーブル行のフィールド値を結合する
  • レコード中のフィールド平均値を計算する
  • レコード中のフィールド合計値を計算する
  • レコード中のフィールド最大値を計算する
  • レコード中のフィールド最小値を計算する
  • レコード行数をカウントする
  • レコード中のフィールド選択数をカウントする
  • レコード中のフィールド値を区切り文字で結合する
  • レコード内の条件に合う行のフィールド平均値を計算する
  • レコード内の条件に合う行のフィールド合計値を計算する
  • レコード内の条件に合う行のフィールド最大値を計算する
  • レコード内の条件に合う行のフィールド最小値を計算する
  • レコード中の条件に合う行数をカウントする
  • レコード内の条件に合う行のフィールド選択数をカウントする
  • レコード内の条件に合う行のフィールド値を区切り文字で結合する

外部サービス連携

  • プリントクリエイターの出力ボタンを非表示にする
  • 非表示になっているプリントクリエイターの出力ボタンを再表示する
  • プリントクリエイターで出力する
  • krewSheetで保存しようとしているレコードを取得する
  • RepotoneU Pro の出力ボタンを非表示にする
  • 非表示になっている RepotoneU Pro の出力ボタンを再表示する
  • RepotoneU PDF の出力ボタンを非表示にする
  • 非表示になっている RepotoneU PDF の出力ボタンを再表示する
  • RepotoneU Excel の出力ボタンを非表示にする
  • 非表示になっている RepotoneU Excel の出力ボタンを再表示する
  • RepotoneU の帳票作成をキャンセルする
  • コラボフローの接続設定を行う
  • コラボフロー文書の概要を取得する
  • コラボフロー文書を作成する
  • コラボフロー文書を開く
  • コラボフロー文書の判定履歴をスペースに表示する
  • コラボフロー文書の判定履歴をメニュー位置に表示する
  • コラボフロー文書を承認する
  • コラボフロー文書を却下する
  • コラボフロー文書を差し戻す
  • ポータルにコラボフロー文書一覧を表示する
  • Amazon Connect コントロールパネルをスペースに表示する
  • Amazon Connect で電話をかける
  • Amazon Connect で着信した電話番号を取得する
  • Amazon Connect で着信の問合せ属性を取得する
  • Amazon Connect で連絡先 ID を取得する
  • AWS アクセスキーを設定する
  • AWS Cognito で認証を取得する
  • AWS Lambda ファンクションを実行する
  • 地図をスペースに表示する
  • 地図をメニュー位置に表示する
  • 地図をポータルに表示する
  • 地図にマーカーを追加する
  • 住所から緯度経度を取得する
  • 国土地理院地図をスペースに表示する
  • 国土地理院地図をメニュー位置に表示する
  • 国土地理院地図をポータルに表示する

日付と時刻

  • 特定の日付を取得する
  • 基準日から特定の日付を取得する
  • 特定の曜日の日付を取得する
  • 日付から曜日を取得する
  • 日数を計算する
  • 月数を計算する
  • 時刻の差を計算する
  • 日付を計算する
  • 時刻を計算する
  • 時刻を切り上げる
  • 時刻を切り捨てる
  • 年度を計算する
  • 期を計算する
  • 日付や時刻をフォーマットする

プロセス管理

  • ステータスを変更する(現在のレコード)
  • ステータスを変更する(指定のレコード)
  • 作業者を変更する(現在のレコード)
  • 作業者を変更する(指定のレコード)

その他

  • 数値をフォーマットする
  • 電話番号をフォーマットする
  • ログインユーザーを取得する
  • 所属グループ(ロール)を取得する
  • 所属組織を取得する
  • ユーザーのプロフィールを取得する
  • ユーザーの現在位置を取得する
  • レコードの保存をキャンセルする
  • レコード一覧画面に遷移する
  • 指定のレコードを表示したレコード一覧画面に遷移する
  • レコード詳細画面に遷移する
  • レコード編集画面に遷移する
  • レコード追加画面に遷移する
  • 指定のレコードを渡してレコード追加画面に遷移する
  • レコード編集画面をロックする
  • レコードのロック状態をスペースに表示する
  • レコードのロック状態をメニュー位置に表示する
  • JavaScript を実行する

フィールドマッピング

最新版「やること」と「条件」の一覧はこちらのドキュメントサイトをご参考ください。

Customine動画チャンネル

Customine紹介・入門編
10分ですべてがわかる!?gusuku Customineでお気軽&簡単キントーンカスタマイズ

10分でgusuku Customineのすべてがわかる!?機能やデモなどをぎゅっと凝縮した、中身の濃いgusuku Customineのご紹介動画です✨

2分で分かるgusuku Customine&実機操作デモ

gusuku Customine ってなに?皆さんに知ってもらいたくて紹介動画を作りました!
(2019年CybozyDaysの弊社ブースにて流された動画です)。

Customine推し機能編
kintoneで代理承認をしてみよう! 〜R3仲良し3人組のCustomineイケ❤️推し機能紹介(その1)

アールスリーのこんぱる、どりぃ、つっき〜の仲良し3人組が、雑談しながら毎週「これだ!」と思うgusuku Customine(グスク カスタマイン)の機能をひとつピックアップしてご紹介するシリーズです。

kintoneで契約期間を計算!(前編) 〜R3仲良し3人組のCustomineイケ❤️推し機能紹介(その2)

アールスリーのこんぱる、どりぃ、つっき〜の仲良し3人組が、雑談しながら毎週「これだ!」と思うgusuku Customine(グスク カスタマイン)の機能をひとつピックアップしてご紹介するシリーズです。

公式YouTubeチャンネル
Customineの基礎から、業務改善の応用まで全部公式YouTubeチャンネルに集結!

資料ダウンロード

gusuku Customineのご紹介、活用方法の資料をこちらのページでダウンロードいただけます

テンプレートによる
kintoneカスタマイズ集
2019年08月版

ユーザーのみなさんからいただいた「こういうことをやりたい!」という声をピックアップして、ほぼ完成形のカスタマイズとしてテンプレート化しました。
この冊子では、そのうち 50 個をピックアップして詳しい使い方をご紹介します。業務でお困りの時や、kintone のカスタマイズで作りたいことがあったらぜひ参考にして作ってみてください。

gusuku Customine同人誌「Customineガイドブック」
2019年4月「技術書典6」で初頒布

漫画の形式で作られたgusuku Customineのガイドブックです。kintoneのカスタマイズで悩んでいる導入担当の小林さんとみみが先生と一緒にkintoneアプリをカスタマイズしていくうちにgusuku Customineの操作を覚えましょう!

サンプルはこちら
その他
kintone × Customine同人誌
腐女子がシステム開発へ挑む巻
2020年2月「技術書典8」で頒布(予定)

即売会の買い物リストや、手持ち同人誌の在庫管理など、kintoneとCustomineを使って試行錯誤しながらアプリを作っている話を漫画にしました!

サンプルはこちら
Coming Soon