gusuku Customineで出来る
kintoneカスタマイズ例

業務に合わせてgusuku Customineでkintoneをカスタマイズしてみましょう

フィールドの入力不可をボタンで完全制御

kintoneアプリでチェックボックスがチェックされているかどうかで他のフィールドを入力可または入力不可にしたい。ラジオボタンで選ばれた選択肢によって、他のフィールドを入力可または入力不可にしたい。

レコード保存後イベントを使って自動採番をシンプルに実装する方法

レコード新規追加時、レコード保存する前はまだレコード番号や作成者、作成日時などの情報がありません。でも、それらの情報を他のフィールドに入れたい。

自動ルックアップで名入れレコードを作る

レコードを追加する時に予め自分の情報が入力されたい場合、名前だけなら、ユーザー選択フィールドを設置し、初期値をログインユーザーに設定すれば可能ですが、名前以外の情報も同時に入るようにするには、「社員情報マスタ」のような他のアプリから自分の情報を取得する必要があるでしょう。
でも「取得」ボタンを押して自分のレコードを選択、の作業が面倒…

ユーザー選択パーツに一人だけ選べるように制御してみる

ユーザー選択フィールドでユーザーを一人しか選択できないようにしたいとき、たとえば、タスク管理やToDoなどは、ユーザーを複数選択できてしまうと誰のものかわからなくなってしまう状況を避けたい。

顧客ごとの自動採番

案件レコード作成時に、顧客ごとの連番を作成し、「案件名」に「顧客名-連番(0埋めありの5桁)-案件種類」の形式で入力する。

顧客ごとの自動採番 その2

案件レコード作成時に、顧客ごとの連番を作成し、「案件名」に「顧客名-連番(0埋めありの5桁)-案件種類」の形式で入力する。(前回より別のアプローチで作成)

必ず選んでもらえるラジオボタン

レコード保存時に、指定の項目を選択していたらエラーになるカスタマイズを使って、必ず初期選択以外の選択肢を選んでもらえるラジオボタンを作りたい

回答の条件によってグループフィールドの開閉を切り替えるカスタマイズ

アンケートアプリなどで、内容の種類によって入力する部分を分岐させたい。分岐先ごとにグループフィールドでまとめて、回答する必要のないグループフィールドは自動で閉じるようにすることで、ユーザーを誘導する。

顧客リストの郵便番号、TEL、メールの入力をチェックする

郵便番号や電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報は誤りが内容に、それぞれのフィールドで書式チェックを行い、ミスを減らしたい。

自動採番して、レコード登録する

保存時の自動採番は、使う場面によってどんな番号にしたいかが変わります。今回は保存直前に情報ダイアログを出し、そこに自動採番した値を表示したい。

ドロップダウンの値を変更して別フィールドの値を変更したり、無効に設定する

ドロップダウンフィールドの選択によって、別のフィールドの値を変更したり、編集不可にしたい。今回はそれに加えて、自動採番や期間チェック等様々な機能で旅費精算申請アプリをはるかに便利にするカスタマイズをご紹介します。

レコード追加画面の表示時の初期値セット

日報アプリなど日付フィールドにレコードを作成した日付を初期値として入れておきたい場合があります。
kintone標準機能では、レコードを新規作成するときは初期値として今日の日付を入れることができますが、別のレコードを再利用すると、元のレコードの日付までコピーされてしまい、ついつい今日の日付に変えるのを忘れてしまいます。
再利用時にも今日の日付を自動で入れるカスタマイズ、Customineで実現してみます。

年次ごとの自動採番を行うワザ

顧客管理、物品管理など一意のIDを年ごとに振るカスタマイズ、必要になるシーンは多いと思いますが、Customineで実現してみます。

タイトルに「名前+日付」を結合してみよう!

レコードのタイトルとして"名前"+"日付"を入力したい場合など、レコード内の項目を結合して自動で入力したいことってありますよね。今回は「保存」を押すと自動で「タイトル」に「ユーザー選択」と「日付」を結合して入力するカスタマイズをご紹介します。

カスタマイズのチュートリアル、オープンフォーラムでのご質問、アップデート情報や公開中の実例など、
様々な情報を【gusukuサポートサイト】にて公開中です。

gusuku サポートサイト

(Customine, Deploit共通)